芸能人・経営者のおくやみ情報

有元利夫 氏(ありもととしお)

画家[日本]

1985年 2月24日 死去肝臓がん享年40歳

有元 利夫(ありもと としお、1946年9月23日 - 1985年2月24日)は、日本の画家。
妻は日本画家、陶芸家の有元容子。
1946年 - 岡山県津山市(疎開先)に生まれる。
有元家は美作菅氏の末裔。
1953年 - 台東区立谷中小学校入学。
在学中から油彩を始める。
1962年 - 駒込高等学校入学。
絵の道を志す。
1969年 - 4浪の後東京芸術大学美術学部デザイン科入学。
後の夫人・渡辺容子と出会う。
1972年 - 結婚。
1973年 - 電通に就職。
デザイナーとして菓子箱や雑誌広告などを手がけつつ個展開催。
1976年 - 退社。
芸大の非常勤講師に。
1978年 - 『花降る日』で安井賞特別賞。
1981年 - 『室内楽』で安井賞。
1983年 - 長男誕生。
1985年 - 肝臓癌で逝去。
墓は、長久院墓地(東京都台東区谷中6-2-16)にある。
作家像 イタリアルネッサンス期のジョット、ピエロ・デラ・フランチェスカや、日本の古仏、「平家納経」などを敬愛し、それら「古典」や「様式」のもつ力強さに惹かれ、影響を受けた。

画家(1946〜1985) 岡山県生まれ。生後三ヶ月半程で東京谷中に転居。 1969年東京藝術大学美術学部デザイン科入学。在学2年の時のイタリア旅行の際フレスコ画に触れ、同じ頃出会った日本の古美術や「平家納経」等、日本の仏画に共通点との見い出した。岩絵具を用いた風化したような画風を特徴とし、<浮遊した人物>・<舞う花びら>・<雲>等が画中によく登場する。有元と親交のあった米倉守氏は「青く窈い空のような芸術」とも。 1972年、2年先に芸大を卒業していた渡辺容子と結婚。 1973年、芸大デザイン科卒業。卒業制作の「私にとってのピエロ・デラ・フランチェスカ」10点が大学買い上げとなる。卒後、電通に勤務。 1976年4月、正式に電通を退社して画業に専念する。 1978年、「花降る日」が安井賞特別賞受賞。 1981年、「室内楽」にて第24回安井賞受賞。 1983年、長男誕生。 1984年、日本青年画家展優秀賞受賞。この年の11月、体調不良を訴え入院。 1985年2月24日逝去。享年38歳だった。 ■バロック音楽を好み、自らもリコーダー(ブロックフレーテ)を奏した。ブロンズ像・木彫・陶器の作品も残している。 ■毎年2〜3月頃には彌生画廊<小川美術館>(東京都千代田区三番町6-2 )で彼の作品展が開かれている。 ■出版物 ・有元利夫 女神たち 美術出版社 1981 ・有元利夫作品集 (リトグラフ2枚) 美術出版社 1981 ・The WORKS OF TOSIO ARIMOTO 彌生画廊 1985 ・もうひとつの空 −日記と素描− 新潮社 1986 ・有元利夫デッサン集 (銅版画1枚) 新潮社 1986 ・有元利夫追悼集 彌生画廊 1986 ・評伝有元利夫−早すぎた …… (引用元 Hatena Keyword)

「有元利夫」と関連する人物(故人)