芸能人・経営者のおくやみ情報

有元利夫 氏(ありもととしお)

画家[日本]

1985年 2月24日 死去肝臓がん享年40歳

有元 利夫(ありもと としお、1946年9月23日 - 1985年2月24日)は、日本の画家。
妻は日本画家、陶芸家の有元容子。
1946年 - 岡山県津山市(疎開先)に生まれる。
有元家は美作菅氏の末裔。
1953年 - 台東区立谷中小学校入学。
在学中から油彩を始める。
1962年 - 駒込高等学校入学。
絵の道を志す。
1969年 - 4浪の後東京芸術大学美術学部デザイン科入学。
後の夫人・渡辺容子と出会う。
1972年 - 結婚。
1973年 - 電通に就職。
デザイナーとして菓子箱や雑誌広告などを手がけつつ個展開催。
1976年 - 退社。
芸大の非常勤講師に。
1978年 - 『花降る日』で安井賞特別賞。
1981年 - 『室内楽』で安井賞。
1983年 - 長男誕生。
1985年 - 肝臓癌で逝去。
墓は、長久院墓地(東京都台東区谷中6-2-16)にある。
作家像 イタリアルネッサンス期のジョット、ピエロ・デラ・フランチェスカや、日本の古仏、「平家納経」などを敬愛し、それら「古典」や「様式」のもつ力強さに惹かれ、影響を受けた。