芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード6世Edward VI

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1553年 7月6日 死去享年17歳

エドワード6世 - ウィキペディアより引用

『エドワード6世 (イングランド王)』より : エドワード6世(Edward VI, 1537年10月12日 - 1553年7月6日)は、テューダー朝のイングランド王(在位:1547年1月28日(戴冠は2月20日) - 1553年7月6日)。
父はヘンリー8世。
母は王の3番目の妃であるジェーン・シーモア。
生涯 ヘンリー8世の男児で唯一存命していたエドワードは、父の死に伴い9歳で即位した。
ヘンリー8世は幼い息子を一握りの権臣が操ることを警戒し、顧問団に集団で補佐させるよう遺言を書いていたが、エドワードの母方の伯父であるエドワード・シーモアが握りつぶした。
エドワード・シーモアはエドワード6世の即位直前にサマセット公位を創設し、自ら護国卿(摂政)となってイングランドの事実上の支配者となった。
ヘンリー8世は生前、エドワードをスコットランド女王メアリー・ステュアートと結婚させ、スコットランドをイングランド管理下に置く構想を持っていた。
エドワード・シーモアはこれを引き継ぎ、スコットランドに攻め込んでメアリーを連れ去ろうとした。
しかし1548年、メアリーの母でスコットランドの摂政皇太后であったメアリー・オブ・ギーズが、自らの母国フランスの王太子フランソワ(フランソワ2世)とメアリーを結婚させたため、この計画は実現しなかった。

エドワードろくせいEdwardVI [生]1537.10.12.ハンプトンコート[没]1553.7.5.グリニッジイギリス,チューダー朝のイングランド王(在位1547~53)。ヘンリー8世と第3妃ジェーン・シーモアの間に生れ,9歳で即位。幼少の王を助けて最初は母方の伯父サマセット(公),その失脚後はノーサンバーランド(公)が摂政となる。新教徒でその治世には礼拝統一法の制定(49,52),普通祈祷書の作成など,イギリス国教会の徹底した新教化政策がとられたが,生来病弱であったため,15歳で病死。 (引用元 コトバンク)