訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジャン・ゴットマン 氏Jean Gottmann

地理学者[ロシア→フランス]

1994年 2月28日 死去享年80歳

ジャン・ゴットマン(Jean Gottmann、1915年10月10日 - 1994年2月28日)は、フランスの地理学者。
「メガロポリス」の概念で知られる。
生涯 ウクライナ・ハリコフの生まれ。
勃発したロシア革命により、幼くして両親を失う。
伯父の支援を頼りに、フランス・パリへ。
ソルボンヌ大学にて地理学研究を志す。
しかし、第二次世界大戦の波が押し寄せ、ユダヤ系である彼はソルボンヌを去り、アメリカ・ニューヨークへ。
プリンストン高等研究所などを経て、ジョンズ・ホプキンス大学の準教授になる。
戦後、ニューヨークの国連の事務局調査部長とフランス政府の国民経済省の委員に就任し、パリとニューヨークを往復する日々が続く。
この頃のゴットマンの研究は、都市部の地域構造と都市ごとの交流構造に関心を示していた。
1948年にはパリ大学政治学研究所教授となる。
こうしたなかで、1950年代に自然と文化、それに交通といったものと都市的な機能を持ちかつ、空間と時間とが交錯し、個々の都市を越えた一つの強い主体的な力が結束されている地理的な空間があることに気づく。
題名
メガロポリスを超えて (SDライブラリー)
著者
発売元
鹿島出版会
発売日
1993-02
新品価格
¥ 27,925 より
中古商品
¥ 400 より
題名
変動する大都市―都市スプロールの展望 (1969年)
著者
発売元
鹿島研究所出版会
発売日
1969
新品価格
より
中古商品
¥ 669 より

↑ PAGE TOP