訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マックス・フォン・ラウエ 氏Max Theodor Felix von Laue

物理学者[西ドイツ]

1960年 4月24日 死去享年82歳

マックス・フォン・ラウエ - ウィキペディアより引用
マックス・テオドール・フェリックス・フォン・ラウエ(Max Theodor Felix von Laue、1879年10月9日 - 1960年4月24日) は、ドイツの物理学者。
結晶によるX線の回折現象を発見し、X線が電磁波であることを示した。
その業績により1914年のノーベル物理学賞を受賞した。
光学、結晶学、量子力学、超伝導、相対性理論といった分野への科学的貢献に加え、約40年に渡ってドイツの科学的研究開発の進歩を管理する立場でも貢献した。
特に第二次世界大戦後のドイツ科学界の再生に貢献した。
また、国家社会主義には強く反対した。
人物・生涯 前半生 Pfaffendorf(現在のコブレンツの一部)で生まれる。
1898年、ストラスブールで大学入学資格試験に合格したが徴兵され、兵役期間終了後の1899年からストラスブール大学、ゲッティンゲン大学、ミュンヘン大学で数学と物理学と化学を学ぶ。