芸能人・経営者のおくやみ情報

シャルル10世Charles X

フランス国王[フランス]

1836年 11月6日 死去コレラ享年80歳

シャルル10世 - ウィキペディアより引用

『シャルル10世 (フランス王)』より : シャルル10世(フランス語: Charles X、1757年10月9日 - 1836年11月6日)は、復古王政のブルボン朝最後のフランス国王(在位:1824年9月16日 - 1830年8月2日)である。
ナバラ国王としてはカルロス5世(バスク語: Karlos V.a)。
即位以前にはアルトワ伯爵(comtes d'Artois, コント・ダルトワ)の称号で呼ばれる。
フランス革命勃発後、すぐにロンドンに亡命して国内外の反革命を指導し、復古王政でも極端な反動政治を敷いて七月革命を引き起こした。
生涯 兄王ルイ16世やプロヴァンス伯爵(ルイ18世)とは不仲であったが、シャルル=フィリップは兄弟のなかで最も享楽的かつ活動的な性格で、小太りの兄達とは違ってハンサムでスポーツマンでもあり、若い頃は王妃マリー・アントワネットの遊び仲間の一人で、スキャンダルのネタともなった。

フランス国王。(在1824年〜1830年) ルイ16世(とルイ18世)の弟。アルトワ伯。 フランス革命後に亡命。王家の人々の中でも、革命に対してもっとも敵対的にふるまう。 王政復古後、過激王党派の頭目として活動。兄の死後に国王となってからは、亡命貴族への国家補償法案を成立させている。 しかしすでに議会や言論が力を持つようになっており、「王権の横暴」が許される時代ではなくなっていた。 最終的に七月革命の勃発によって王位を追われ、ブルボン朝は終焉を迎えることになる。 (引用元 Hatena Keyword)