芸能人・経営者のおくやみ情報

山本一義 氏(やまもとかずよし)

プロ野球選手、監督[日本]

2016年 9月17日 死去尿管がん享年79歳

山本 一義(やまもと かずよし、1938年7月22日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)・監督、野球評論家。
来歴・人物 父親は中国新聞社の人事部長。
広島市天満町で生まれ、原爆投下時は広島市郊外の三入へ疎開していて自身は無事だったが、父は通勤途中に被爆した。
小学校5年の時、皆実町に引っ越し。
1950年1月15日広島カープ結団披露式(広島西練兵場・現在の広島県庁付近)に父に連れられ見に行く。
広島市立翠町中学校から、広島商業に進み、超高校級スラッガーとして鳴らした。
3年夏の県予選では13打席で10回敬遠され、やっと勝負してきた初球をホームランしたという逸話も残る。
1956年には同期の上土井勝利投手(広島)を擁し、春夏の甲子園に連続出場。
春の選抜では1回戦で県岐阜商の清沢忠彦投手(慶大-住友金属)に抑えられ惜敗。
夏の選手権でも2回戦(初戦)で済々黌に敗れる。
進学した法政大学でも1年生からレギュラー。
東京六大学リーグでは4年時の1960年春季リーグで、四番打者、主将として活躍。
同期の山崎正之の好投もあり、法大に12年ぶり7度目のリーグ優勝をもたらした。

プロ野球選手・指導者・解説者。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は7番。 1938年7月22日、生まれ。2016年9月17日、死去。 広島県出身。 広島商業高校から法政大学を経て、1961年、広島カープ(現・広島東洋カープ)に入団。 2年目より一軍で活躍。低迷期のチームにありながら、巧打の4番打者として活躍。1960年代のカープを支えた。 1975年、球団初のリーグ優勝を見届け、現役引退。 1976年、打撃コーチに就任。高橋慶彦を球界屈指のスイッチヒッターに育成。黄金時代を支える。 1980年から翌年まで近鉄バファローズの打撃コーチを務める。 1982年、ロッテオリオンズの5代目監督に就任。落合博満の三冠王獲得に尽力。しかし、戦力を生かすことができず、1983年には球団史上初の最下位となる。*1 1984年から翌年まで南海ホークスの打撃コーチに就任。退団後、中国放送(RCC)の野球解説者となる。 1994年、古巣広島東洋カープのチーフ兼打撃コーチとして復帰。「ビッグレッドマシン」を形成した。 1998年の退団後は、再び中国放送(RCC)の野球解説者を務め、マスターズリーグ・大阪ロマンズのコーチ兼任選手としても活躍。日本プロ野球界屈指の名打撃コーチとして知られた。 *1:勝率.385はオリオンズ・マリーンズ史上最低勝率。 (引用元 Hatena Keyword)