芸能人・経営者のおくやみ情報

アレック・ギネス 氏Alec Guinness

俳優[イギリス]

2000年 8月5日 死去肝臓がん享年87歳

アレック・ギネス - ウィキペディアより引用

アレック・ギネス(Sir Alec Guinness, CH, CBE、1914年4月2日 - 2000年8月5日)は、イギリスの俳優。
ロンドンにて母アグネス・カフ(Agnes Cuff、アレックの出生証明書の署名では「Agnes de Cuffe」となっていた)のもとに生まれる。
出生名はアレック・ギネス・ド・カッフィ(Alec Guinness de Cuffe)。
アグネスの私生児として生まれたため、出生証明書の父親の名前の欄は空白になっていた。
父親はスコットランド人の銀行家アンドリュー・ゲディス(Andrew Geddes、後にギネスの学費を支払った)と考えられているが、はっきりと分かってはいない。
広告の仕事をしていたが演技に興味を持つようになり、オールド・ヴィック・シアターの舞台に立つようになった。
第二次世界大戦後に本格的に映画に出演し始め、1964年には舞台『Dylan』でトニー賞を受賞。
イギリスきっての名優として知られるようになった。
『The Horse's Mouth』でヴェネツィア国際映画祭 男優賞、『戦場にかける橋』でアカデミー主演男優賞を受賞。

Alec Guinness 英国の俳優。 1914年4月2日、ロンドン生まれ。  2000年8月5日没。 イーリング喜劇の名作『カインド・ハート?』(1949)、『ラベンダー・ヒル・モブ?』(1951)、『白衣の男?』(1951)(いずれもDVD発売)、『マダムと泥棒』(1945)を経て、『戦場にかける橋』(1957)でアカデミー主演男優賞を受賞。  1980年には名誉賞も受賞。 『スター・ウォーズ』(1977)のオビ=ワン・ケノービ役で有名。  1959年に大英帝国勲章を受章し、同年ナイトになった。また1994年に舞台での長年の功績が称えられ、CHになった。 主な映画出演作: 大いなる遺産 (1946) オリヴァ・ツイスト (1948) カインド・ハート?(1949) ラベンダー・ヒル・モブ?(1951) 白衣の男?(1951) マダムと泥棒 (1955) 戦場にかける橋 (1957) アラビアのロレンス (1962) ローマ帝国の滅亡(1964) ドクトル・ジバゴ (1965) さらばベルリンの灯 (1966) クロムウェル(1970) クリスマス・キャロル (1970) ブラザー・サン シスター・ムーン (1972) アドルフ・ヒットラー 最後の10日間  (1973) 名探偵登場 (1976) スター・ウォーズ (1977) スター・ウォーズ/帝国の逆襲? (1980) レイズ・ザ・タイタニック (1980) リトル・プリンス (1980) スター・ウォーズ/ジェダイの帰還? (1983) インドへの道? (1984) (引用元 Hatena Keyword)