訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フランチェスコ・マリア・グリマルディFrancesco Maria Grimaldi

数学者物理学者[イタリア]

1663年 12月28日 死去享年46歳

フランチェスコ・マリア・グリマルディ - ウィキペディアより引用
フランチェスコ・マリア・グリマルディ(Francesco Maria Grimaldi、1618年4月2日 - 1663年12月28日)はイタリアの数学者、物理学者。
イエズス会の司祭でありボローニャ大学の教授である。
1640年から1650年まで、 リッチョーリとともに働いた。
落体の自由落下の研究を行い、落下距離が時間の2乗に比例することを見出したほか、1644年から1656年にリッチョーリと子午線弧長の測量を行った。
天文学の分野では、月理学に基づく正確な月面図を作成し、これはリッチョーリによって出版された。
光の回折について正確な観察を行った。
特に回折現象を発見し、このことから光の現象と他の流体の現象との類似性を議論した。
diffraction(回折)と言う用語は彼によって生み出された。
後に回折現象は光の波動説の証拠とされ、またニュートンによって研究された。
著書 『光、色、虹に関する物理・数学的論考』(原題:Physicomathesis de lumine, coloribus, et iride, aliisque annexis、1665年)。

↑ PAGE TOP