訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

橋本真也 氏

プロレスラー[日本]

2005年 7月11日 死去脳幹出血享年41歳

橋本真也 - ウィキペディアより引用
橋本 真也(はしもと しんや、1965年(昭和40年)7月3日 - 2005年(平成17年)7月11日)は、日本のプロレスラー。
俳優、声優としても活動。
闘魂三銃士の1人。
岐阜県土岐市出身。
新日本プロレス入団 中学時代に父が失踪し、母子家庭で育つが高校(中京商業高等学校)時代に母を亡くした。
学生時代に柔道を始め、アントニオ猪木に憧れるようになり、1984年(昭和59年)4月に新日本プロレス(以下「新日本」)に入門。
入門初日に後のライバル、蝶野正洋と洗濯機の順番を巡って乱闘を起こした(その頃はお互い打ち解けていない間柄だったので「僕が先に使っていた」「いや君の前に僕が使っていた」という口調で争っていたと著書に記されている)。
1984年(昭和59年)9月1日に後藤達俊戦でデビューした。
1987年(昭和62年)、第3回ヤングライオン杯での準優勝後に海外修行に出た。
カナダのカルガリー地区を中心にモンゴル人ギミックの『ハシフ・カーン(Hashif Khan)』のリングネームで試合を行ったが、対戦相手を負傷させたりしたために試合を干されることもあった。