芸能人・経営者のおくやみ情報

尾高尚忠 氏(おたかひさただ)

作曲家[日本]

1951年 2月16日 死去出血性上部灰白質脳炎享年41歳

尾高尚忠 - ウィキペディアより引用
尾高 尚忠(おたか ひさただ、1911年9月26日 - 1951年2月16日)は、日本の作曲家、指揮者。
父方祖父は実業家の尾高惇忠、父・尾高次郎は漢学者・銀行家で、母・ふみは渋沢栄一の三女。
兄に郷土教育家の尾高豊作、法哲学者でケルゼン門下の尾高朝雄、社会学者の尾高邦雄らがいる。
また、作曲家諸井三郎及びその息子の諸井虔と諸井誠は遠縁に当たる。
妻の尾高節子はピアニスト。
長男は作曲家の尾高惇忠、次男は指揮者の尾高忠明。
弟子には林光らがいる。
生涯 東京府生まれ。
幼少の頃から音楽に親しみ、東京府立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)を経て成城高等学校 (旧制)文科(現・成城大学)を半年で中退し、1931年にウィーンに留学、ピアノをベルタ・ヤンベール、音楽理論をリヒャルト・シュテールに学んだ。
翌年一時帰国して武蔵野音楽学校で作曲科の教鞭を取り、その間作曲をクラウス・プリングスハイム、ピアノをレオ・シロタに就いた。
1934年に再びウィーンに渡り、作曲をヨーゼフ・マルクス、指揮をフェリックス・ワインガルトナーに学び、個人的にフランツ・モーザーに作曲、管弦楽法、指揮の教授を受けた。

「尾高尚忠」と関連する人物(故人)