芸能人・経営者のおくやみ情報

マルティン・ハイデッガー 氏Martin Heidegger

哲学者[西ドイツ]

1976年 5月26日 死去享年88歳

マルティン・ハイデッガー - ウィキペディアより引用

マルティン・ハイデッガー(Martin Heidegger、1889年9月26日 - 1976年5月26日)は、ドイツの哲学者。
ハイデガーとも表記される。
はじめカトリック神学を研究し、フランツ・ブレンターノや現象学のフッサールの他、ライプニッツ、カント、ヘーゲルなどのドイツ観念論やキェルケゴールやニーチェらの実存主義に強い影響を受け、アリストテレスやヘラクレイトスなどの古代ギリシア哲学の解釈などを通じて独自の存在論哲学を展開した。
1927年の主著『存在と時間』で存在論的解釈学により伝統的な形而上学の解体を試み、「存在の問い(die Seinsfrage)」を新しく打ち立てる事にその努力が向けられた。
他、ヘルダーリンやトラークルの詩についての研究でも知られる。
20世紀大陸哲学の潮流における最も重要な哲学者の一人とされる。
その多岐に渡る成果は、ヨーロッパだけでなく、日本やラテンアメリカなど広範囲にわたって影響力を及ぼした。
また1930年代にナチスへ加担したこともたびたび論争を起こしている。
生涯 出自 ハイデッガーの生まれたメスキルヒは帝政ドイツ南西部のバーデン大公国ウュルテンベルク州の小村であった。

哲学者。マルティン・ハイデガー。フルネーム、"Martin Heidegger"。20世紀のドイツ哲学(と実存主義)にかなり寄与した人。 フッサールの助手を勤めながら、古代ギリシャ、キルケゴール、ニーチェなどの哲学をもとに独自の思索を展開し、ヘルダーリン等の詩を研究する。 そして、主著の「存在と時間」"Sein und Zeit"(1927)では、存在一般の意味を究明しようとした。そこで「死」や「生命」に対する不安のうちに思索することで現代の産業社会からすっかり失われてしまった*1存在の意味を回復しようとした。 ナチスへのコミットがしばしば問題にされてきた*2が、ナチへの加担も上記のような理由で積極的な思想的意図を持つとされる。因みにハンナ・アレントとは不倫の恋仲だったらしい。 (引用元 Hatena Keyword)