芸能人・経営者のおくやみ情報

箕作麟祥(みつくりりんしょう)

法学者政治家、男爵[日本]

1897年 11月29日 死去享年52歳

箕作麟祥 - ウィキペディアより引用

箕作 麟祥(みつくり りんしょう / あきよし、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は明治時代の日本の洋学者、法学者、官僚。
男爵、法学博士。
元老院議官、司法次官、貴族院勅選議員、行政裁判所長官、和仏法律学校(現・法政大学)初代校長を歴任し、民法・商法編纂委員、法律取調委員会委員、法典調査会主査委員を務めた。
箕作省吾・しん夫妻の長男として江戸の津山藩邸に生まれた。
幼名は貞太郎(のち貞一郎)。
祖父は蘭学者の箕作阮甫で、父・省吾は阮甫の婿養子、母・しんは阮甫の四女だが、父・省吾が若くして亡くなったので祖父・阮甫に育てられた。
阮甫の死後、箕作家の家督を相続した。
藤森天山・安積艮斎に漢学を、家と江戸幕府の蕃書調所(東京大学の源流)で蘭学を学んだ後、ジョン万次郎(中浜万次郎)について英学を学んだ。
1861年(文久元年)に15歳の若さで蕃書調所の英学教授手伝並出役、1864年(元治元年)には外国奉行支配翻訳御用頭取となり、福澤諭吉・福地源一郎らとともに、英文外交文書の翻訳に従事した。

みつくりりんしょう [生]弘化3(1846).7.29.江戸[没]1897.11.29.東京洋学者,法学者。幼名は貞太郎,のち貞一郎。生れた年に父省吾は他界,祖父箕作阮甫に養育され,洋学を祖父について習得。文久3(1863)年祖父の死にあい嫡孫として跡を継ぎ,幕臣に列せられた。慶応3(67)年徳川民部大輔に随行してフランスに渡り,フランス語を修得,翌年帰朝後,明治政府の一等訳官に任じられた。以後,元老院議官,司法次官,1889年には貴族院議員,法典調査会主査などを経,91年に行政裁判所長官。その業績としては,フランス諸法典の翻訳,旧民法,商法の編纂事業などがあげられる。主著『仏蘭西法律書』(70)。 (引用元 コトバンク)