訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

クリスチャン・H・F・ピーターズChristian Heinrich Friedrich Peters

文学者[デンマーク→アメリカ]

1890年 7月18日 死去享年77歳

クリスチャン・H・F・ピーターズ - ウィキペディアより引用
クリスティアン・ハインリヒ・フリードリヒ・ペータース(Christian Heinrich Friedrich Peters、1813年9月19日-1890年7月18日)は19世紀のデンマーク出身のアメリカの天文学者であり、初期の代表的な小惑星発見者である。
一般には英語読みのクリスチャン・H・F・ピーターズと表記されることが多い。
弟には植物学者のヴィルヘルム・ペータースがいる。
生涯 彼は当時デンマーク領(現在はドイツ領)のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州のコルデンビュッテルで生まれ、ベルリン大学でヨハン・フランツ・エンケに天文学と数学を学んだ後博士号を取得し、ゲッティンゲンでカール・フリードリヒ・ガウスの助手となった。
地質学者のヴォルフガング・ザルトリウス・フォン・ヴァルタースハウゼンと共にシチリアのエトナ山を観測した後、ナポリのカポディモンテ天文台で太陽黒点の観測を行う。
同地で1846年に彗星(C/1846 VI)を発見した。
しかしこの彗星は非常にかすかだったため当時は正確な軌道を決定できず、1982年にマルコム・ハートレーにより再発見されて80P/ピーターズ・ハートレー彗星と命名された。

↑ PAGE TOP