芸能人・経営者のおくやみ情報

関口清治 氏

プロ野球近鉄監督[日本]

2007年 6月9日 死去窒息享年82歳

関口 清治(せきぐち せいじ、本名「きよはる」、1925年10月9日 - 2007年6月9日)は、台湾の台北州台北市出身のプロ野球選手(外野手)。
右投げ右打ち。
現役時代は読売ジャイアンツ、西日本パイレーツ、西鉄ライオンズ、阪急ブレーブスに在籍した。
引退後は阪急、西鉄、太平洋クラブ、近鉄バファローズのコーチ・監督を歴任した。
来歴・人物 現役時代 台北で建築業を営む8人兄弟の一人として生まれた。
台北工業では、1942年に甲子園球場で開かれた文部省主催の全国中等学校野球大会(別名・幻の甲子園)に出場したが、1回戦で海草中学に3-2で惜敗した。
関口自身はこの試合で三塁打を放っている。
卒業後は実家の建築業を継ぐために官立横浜工業専門学校(現在の横浜国立大学工学部)に進学する予定だったが、その頃日本の制海権は完全に敵の手に抑えられていたため、受験することが出来なかった。
そのため、卒業後はそのまま台湾の軍隊に入隊し、終戦後は社会人野球の全武生、信州化学を経て1948年、巨人に入団した。

プロ野球選手・指導者。通称「せいじ」。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は24→25→27番。 1925年10月9日生まれ。台湾出身。 台北工業から1948年、読売ジャイアンツに入団。 1949年、社会人野球の別府星野組に転じる。 1950年、新設の西日本パイレーツに入団し、プロ復帰。 合併後の西鉄ライオンズで左翼手の定位置を獲得し、5番打者として黄金時代に大きく貢献した。 1954年から5年連続でオールスターゲームに出場、外野手のベストナインを受賞。 1958年の日本シリーズ、1勝3敗で迎えた第5戦、2-3とリードされた9回裏2アウト3塁、 凡退ならジャイアンツの日本一が決まる場面で藤田元司から同点打を放ち、0勝3敗からの逆転日本一につなげた。*1 1962年、阪急ブレーブスに移籍。 1963年、現役引退。コーチに就任。 1969年、退団。 1973年、三原脩の招聘により近鉄バファローズのコーチに就任。 1979年、西本幸雄監督の元、リーグ優勝に貢献した。 1982年、西本の後を受け、監督に就任。 1983年、退団。後任を岡本伊三美に託す。 晩年は福岡市に在住、FBS福岡放送の野球解説者を務めた。 2007年6月9日、慢性閉塞性肺疾患のため福岡市内の病院で逝去。 *1:「一打数億円」の価値があると呼ばれた。 (引用元 Hatena Keyword)