芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘルマン・アーダム・フォン・カンプHermann Adam von Kamp

教育学者作家[ドイツ]

1867年 11月26日 死去享年72歳

ヘルマン・アーダム・フォン・カンプ(Hermann Adam von Kamp、1796年9月15日 - 1867年11月26日)はドイツの教育学者・作家・作詞家である。
彼が1818年に書き、1829年に発表した歌『五月はものみなあらたに(Alles neu macht der Mai)』 は、ドイツ語で書かれた貴重な文化的遺産ともいうべき楽曲の一つである。
ヘルマン・アーダム・フォン・カンプは1814年から自らの死に至るまで、ミュールハイム・アン・デア・ルールで教師を務めた。
彼は1814年、ブロイヒ城の城主であるゲオルク・カール・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット方伯・公爵により、ブロイヒ学校での職に任命された。
この教職の一環として、おそらくは雇用主の依頼を受け、カンプは19世紀初頭のミュールハイム市の記録を行った。
後には彼の記録はデュースブルク郡(1824年当時、エッセンからディンスラーケンまで至る地域)へと拡大された。
これにより、カンプは当時のこの地域の現実に密着した記録を残したのである。
しかし彼は、主に児童文学の分野において業績を認められている。

「ヘルマン・アーダム・フォン・カンプ」と関連する人物(故人)