芸能人・経営者のおくやみ情報

上村一夫 氏

漫画[日本]

1986年 1月11日 死去下咽頭がん享年45歳

上村 一夫(かみむら かずお、1940年3月7日 - 1986年1月11日)は、日本の漫画家、イラストレーター、エッセイスト。
大正の浮世絵師と呼ばれた竹久夢二を連想させる女性像と独特の劇画タッチの画風を確立し、その作風から「昭和の絵師」とも呼ばれた。
『ヤングコミック』、『週刊プレイボーイ』、『漫画アクション』、『ビッグコミック』等の雑誌を舞台に多くの連載を手がけ、最盛期には月産400枚という驚異的な執筆量をこなした。
『修羅雪姫』、『同棲時代』、『しなの川』、『悪魔のようなあいつ』、『サチコの幸』など、映像化された作品も多い。
神奈川県横須賀市に生まれる。
1964年、武蔵野美術大学デザイン科を卒業。
大学4年生の時に半年間アルバイトで勤務していた広告代理店、宣弘社のイラストレーターとして広告制作に携わる。
宣弘社にてテレビの絵コンテを描いていた上村の隣のデスクに座っていたのが生涯の友人である阿久悠である。
阿久悠は上村を「生まれて初めて出会った天才」と評している。
1967年、アメリカの雑誌『PLAYBOY』風のパロディ漫画『カワイコ小百合ちゃんの堕落』を『月刊タウン』創刊号に発表。