芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス12世 氏Pius XII

ローマ教皇[イタリア]

1958年 10月9日 死去享年83歳

ピウス12世 - ウィキペディアより引用

『ピウス12世 (ローマ教皇)』より : ピウス12世(Pius PP. XII、1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。
本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリ(Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。
未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。
ピオ12世とも表記される。
生涯 生い立ち ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。
パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。
父も教皇庁の顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。
教皇庁の外交官 パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。

ピウスじゅうにせいPiusXII [生]1876.3.2.ローマ[没]1958.10.9.カステルガンドルフォ教皇(在位1939~58)。本名EugenioMariaGiuseppeGiovanniPacelli。1899年司祭。1901年教皇庁国務聖省に入り,17年サルディスの名義大司教。29年枢機卿。30年国務聖省長官。登位早々第2次世界大戦が勃発,平和への努力を続けてイタリアの参戦を遅らせた。42年以後のナチスのユダヤ人迫害には非難を加えたが,いずれの陣営にもかたよらない態度をとったため,のちにカトリック信徒からも不徹底と批判された(→神の代理人)。イタリアのユダヤ人狩りの際,教会の施設を開放して彼らをかくまった。大戦末期には共産主義の脅威を訴え,48年カトリック・アクションを結成。49年共産党員となったイタリアの信徒を破門。夕べのミサを復活し,聖務日課を改訂。50年マリア被昇天の信仰を教理とした。宣教地の現地人司祭登用を促進。司牧活動を愛し多くの人々に語りかけ,教皇として初めてラジオを活用した。 (引用元 コトバンク)