訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピウス12世 氏Pius XII

ローマ教皇[イタリア]

1958年 10月9日 死去享年83歳

ピウス12世 - ウィキペディアより引用
『ピウス12世 (ローマ教皇)』より : ピウス12世(Pius PP. XII、1876年3月2日 - 1958年10月9日)はローマ教皇(在位:1939年3月2日 - 1958年10月9日)、第260代ローマ教皇。
本名はエウジェニオ・マリア・ジュゼッペ・ジョヴァンニ・パチェッリ(Eugenio Maria Giuseppe Giovanni Pacelli)。
未曾有の世界大戦前後という困難な時代に生き、さまざまな批判にさらされた。
ピオ12世とも表記される。
生涯 生い立ち ローマで「黒い貴族」の家系に生まれる。
パチェッリ家は代々教皇領政府で要職を占めた名門であり、祖父マルカントニオは副内務大臣を務め、バチカンの日刊紙「オッセルヴァトーレ・ロマーノ」の創刊に関った。
父も教皇庁の顧問弁護士であった上に、伯父はレオ12世の財政顧問だった。
教皇庁の外交官 パチェッリは1899年4月に司祭叙階され、ピエトロ・ガスパッリ枢機卿のもとで働いた後、ヴァイマル共和政下のバイエルン州や中央政府に対する教皇使節を務めた。
題名
ローマ教皇とナチス (文春新書)
著者
大澤武男
発売元
文藝春秋
発売日
2004-02-22
新品価格
¥ 20,890 より
中古商品
¥ 90 より

↑ PAGE TOP