芸能人・経営者のおくやみ情報

薄田研二 氏(すすきだけんじ)

俳優[日本]

1972年 5月26日 死去急性肺炎享年75歳

薄田研二 - ウィキペディアより引用

すすきだけんじ [生]1898.9.14.福岡[没]1972.5.26.東京俳優。本名高山徳右衛門。1925年築地小劇場の研究生となり,『役の行者』の一言主などで認められた。29年,築地小劇場の分裂に際して土方与志らの新築地劇団の創立に参加,『西部戦線異状なし』『土』などに主演,同劇団の中心的存在となった。40年に同劇団が強制解散させられてからは苦楽座に拠り,第2次世界大戦後は東京芸術劇場,第2次新協劇団へと移り,51年8月中央芸術劇場を組織。59年再び新協と合同して東京芸術座を創立,一貫して社会主義演劇の側に立って活躍。また映画出演も多く,特に東映時代劇の悪役が知られる。自伝『暗転』(1960)がある。 (引用元 コトバンク)