訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ドナルド・ジャッド 氏Donald Clarence Judd

画家彫刻家[アメリカ]

1994年 2月12日 死去悪性リンパ腫享年67歳

ドナルド・ジャッド(Donald Clarence Judd 1928年6月3日 - 1994年2月12日)は、20世紀のアメリカ合衆国の画家、彫刻家、美術家、美術評論家。
当初は画家・版画家であり美術評論でも高い評価を受けたが、次第に立体作品の制作に移った。
箱型など純粋な形態の立体作品は多くの美術家や建築家、デザイナーらに影響を与えている。
抽象表現主義の情念の混沌とした世界の表現に反対し、その対極をめざすミニマル・アートを代表するアーティストの1人。
生涯と作品 1928年、6月3日、ミズーリ州、エクセルシア・スプリングス(Excelsior Springs)に生まれる。
1946年、アメリカ合衆国陸軍に入隊し、1947年まで大韓民国に駐留する。
除隊後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで、短期間美術を学ぶ。
1948年から1949年まで、ヴァージニア州のウイリアム・アンド・メアリ・カレッジで哲学を学ぶ。
1949年から1953年まで、コロンビア大学で哲学を学び、学位を取得。
その間も絵画制作を続け、1950年代は抽象表現主義に影響を受けた絵画作品を制作していた。