訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ロバート・ロビンソン 氏Robert Robinson

化学者[イギリス]

1975年 2月8日 死去享年90歳

ロバート・ロビンソン - ウィキペディアより引用
ロバート・ロビンソン(Robert Robinson、1886年9月13日・ダービーシャー - 1975年2月8日)は、イギリスの化学者。
イギリス学派に属する。
1912年からシドニー大学教授。
1915年にイギリスに戻り、リヴァプール大学、ロンドン大学教授を経て1930年からオクスフォード大学教授を務める。
1920年に王立協会のフェローに選出され、1945年から1950年まで王立協会会長。
アルカロイドの研究により1947年にノーベル化学賞を受賞した。
業績 ロバート・ロビンソンは化学、特に有機化学の発展に大きく貢献した。
彼は有機電子論を発展させた。
1917年にトロピノンの全合成を報告、1935年にロビンソン環化を報告した。
ストリキニーネ、ニコチン、モルヒネ等の構造決定に貢献し、抗マラリア剤の開発にも貢献した。
受賞・栄典 フランクリン・メダル(1930年) ロイヤル・メダル(1932年) コプリ・メダル(1942年) フランクリン・メダル(1947年) メリット勲章受勲(1949年) プリーストリー賞(1953年) 出典 外部リンク Sir Robert Robinson - Biographical。