訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

オリバー・ロッジOliver Joseph Lodge

物理学者[イギリス]

1940年 8月22日 死去享年90歳

オリバー・ロッジ - ウィキペディアより引用
サー・オリバー・ロッジ(Sir Oliver Joseph Lodge、1851年6月12日 - 1940年8月22日)は、イギリスの物理学者、著述家。
初期の無線電信の検波器に用いられたコヒーラの発明者である。
また、点火プラグの発明者である。
1898年のランフォード・メダルの受賞者である。
エーテルの研究でも知られる。
また心霊現象研究協会のメンバーで、心霊現象を肯定する立場での活動、著述もおこなった。
ミッドランズ西部の現在のストーク・オン・トレント市内の生まれ。
ロンドン大学で科学を学び、1881年にリヴァプール大学で教えるようになる。
1900年にリヴァプールを離れてバーミンガム大学に移り、1919年の引退までそこに留まった。
英国の生んだ世界的物理学者であると同時に、その物理学的概念を心霊現象の解釈に適用した最初の心霊学者。
すなわちロッジは目に見えない世界こそ実在で、それはこの地球をはじめとする全大宇宙の内奥に存在し、物質というのはその生命が意識ある個体としての存在を表現するためにエーテルが凝結したものに過ぎないと主張した。
題名
死者は生きている (1975年)
著者
今村光一
発売元
叢文社
発売日
1975
新品価格
より
中古商品
¥ 995 より

↑ PAGE TOP