芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋和巳 氏

作家評論家[日本]

1971年 5月3日 死去結腸がん享年39歳

高橋 和巳(たかはし かずみ、1931年8月31日 - 1971年5月3日)は、日本の小説家で中国文学者。
夫人は小説家の高橋たか子。
中国文学者として、中国古典を現代人に語る事に努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。
左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。
自然科学にも関心が深く、特に、相対性理論に関する造詣が深かった。
癌で39歳の若さで他界した。
1931年8月 大阪市浪速区で誕生。
1944年4月 大阪府立今宮中学(現・大阪府立今宮高等学校)入学。
1945年4月 母・慶子の郷里である香川県に疎開し、香川県立三豊中学(現・香川県立観音寺第一高等学校)に編入学。
1948年3月 大阪府立今宮中学卒業。
旧制松江高校入学。
1949年7月 新制京都大学入学。
在学中は、「京大文芸同人会(京大作家集団)」、「ARUKU」、「現代文学」などで活動。
学友に小松左京、大島渚がいる。
1954年3月 京都大学文学部中国語中国文学科卒業。

  • 題名
    日本の悪霊 [DVD]
    監督
    出演俳優
      発売元
      テック・コミュニケーションズ
      発売日
      2003年7月07日
      新品価格
      より
      中古商品
      ¥ 9,480 より

    たかはしかずみ [生]1931.8.31.大阪[没]1971.5.3.東京小説家。1955年京都大学文学部中国文学科卒業。59年同博士課程修了。『逸脱の論理-埴谷雄高論』(1961),『竹内好論』(61)を経て長編小説『悲の器(うつわ)』(62)が出世作となった。67年京大文学部助教授になったが,大学紛争の渦中で70年職を辞し,『わが解体』に心境を吐露した。ほかに小説『憂鬱なる党派』(65),『邪宗門』(65~66),評論集『孤立無援の思想』(66)など。 (引用元 コトバンク)