芸能人・経営者のおくやみ情報

加藤紘一 氏(かとうこういち)

政治屋、元衆議議院議員[日本]

2016年 9月9日 死去肺炎享年78歳

加藤紘一 - 政治屋、元衆議議院議員

加藤 紘一(かとう こういち、1939年6月17日 ‐ )は、日本の政治家。
衆議院議員(13期)、防衛庁長官、内閣官房長官、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、宏池会会長を歴任した。
鶴岡市長、衆議院議員を務めた加藤精三の五男。
三女は、衆議院議員の加藤鮎子。
来歴・人物 愛知県名古屋市で出生し、山形県鶴岡市で育つ。
1952年、鶴岡第三中学校に入学。
父・加藤精三が自由党推薦で同年の第25回衆議院議員総選挙に出馬し、旧山形県第2区でトップ当選。
その後、加藤一家は東京へ移り住み、加藤も麹町中学校に転校。
麹町中での同級生岸田森に標準語を習う。
1955年、麹町中を卒業し東京都立日比谷高等学校に入学。
同級生に保岡興治、利根川進、山尾三省、黒岩秩子らがいた。
1958年、日比谷高校卒業。
東京大学理科一類を受験するも合格できず、補習科に所属。
翌1959年、東京大学文科一類に合格する。
日比谷高校の同窓である外交官の渡辺伸(松本清張の娘婿)に誘われ、東大水泳部に入部。
ゼミの指導教官は坂本義和。
1963年、東大法学部政治学科を卒業。
朝日新聞の入社試験には合格したが、外交官試験は不合格であった。

かとう-こういち 1939-昭和後期-平成時代の政治家。昭和14年6月17日生まれ。加藤精三の長男。昭和47年父の地盤をつぎ衆議院議員に初当選(当選13回,自民党)。59年第2次中曾根内閣の防衛庁長官となる。リクルート株の譲渡をうけ役職を辞任したが,平成3年宮沢内閣の官房長官となり,7年党幹事長。14年秘書の脱税事件などのため自民党を離党し,議員辞職。15年再当選し復党。24年総選挙で落選。山形県出身。東大卒。 (引用元 コトバンク)