芸能人・経営者のおくやみ情報

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒCaspar David Friedrich

画家[ドイツ]

1840年 5月7日 死去享年67歳

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ - ウィキペディアより引用
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(ドイツ語:Caspar David Friedrich、1774年9月5日 - 1840年5月7日)はドイツの画家。
グライフスヴァルト出身、ドレスデンで没する。
フィリップ・オットー・ルンゲとともに、ドイツのロマン主義絵画を代表する。
宗教的含意をふくむ風景画によって知られる。
カスパル・ダーヴィト・フリードリヒとも。
ナポレオン戦争とそれに続く時代には、あえて禁止されていた伝統的な民族衣装に身をつつんだ人物を描くなど、ドイツにおけるナショナリズムの形成にも寄与したが、ややもすれば過剰ともなりかねない愛国主義的姿勢や作品にうかがわれる神秘主義的傾向に対しては政治的な理由で批判を浴びる事もあり、ゲーテのように冷静に距離を置いた同時代人もいる。

「カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ」と関連する人物(故人)