芸能人・経営者のおくやみ情報

細川宗孝(ほそかわむねたか)

肥後熊本藩主[日本]

(旗本・板倉勝該に斬りつけられ死亡、延享4年8月15日没)

1747年 9月19日 死去斬死享年32歳

細川宗孝 - ウィキペディアより引用

細川 宗孝(ほそかわ むねたか、正徳6年4月27日(1716年6月16日) - 延享4年8月15日(1747年9月19日))は、肥後熊本藩の第5代藩主。
熊本藩細川家6代当主。
人物・生涯 第4代藩主・細川宣紀の四男で、第6代藩主・細川重賢の兄にあたる。
幼名は六丸、初名は紀逵(のりみち)または紀達(のりたつ)。
また、初めは長岡姓であったが、兄たちが夭折したために嫡男となり、細川に改姓した。
正室は紀州藩第6代藩主・徳川宗直の娘・友姫。
官位は従四位下、侍従、越中守。
院号は隆徳院。
享保17年(1732年)、父・宣紀の死去に伴い16歳で家督を相続、まもなく将軍・徳川吉宗(元・紀州藩第5代藩主)より偏諱を賜い宗孝(「孝」は祖先の細川藤孝(幽斎)より1字を取ったものであろう)と改名。
当時の熊本藩は、父・宣紀の時代から洪水・飢饉・旱魃などの天災に悩まされて、出費が著しいものとなっていた。
また、宗孝が藩主となった翌年には参勤交代に使用される大船・「波奈之丸」の建造費、さらには洪水・飢饉・疫病などの天災が起こり、その治世は多難を極めた。

日本の江戸時代の肥後国熊本藩の第5代藩主。 延享4年(1747年)8月15日に江戸城大広間脇の厠において旗本の板倉勝該に切りつけられ死亡した。 (引用元 Hatena Keyword)

「細川宗孝」と関連する人物(故人)