芸能人・経営者のおくやみ情報

太田静子 氏(おおたしずこ)

歌人作家[日本]

1982年 11月24日 死去肝臓がん享年70歳

太田静子 - ウィキペディアより引用

太田 静子(おおた しずこ 1913年(大正2年)8月18日 - 1982年(昭和57年)11月24日)は、滋賀県出身の歌人、作家。
太宰治の愛人の一人。
『斜陽』に材料を提供したことで知られている。
作家太田治子の母。
生い立ち 滋賀県愛知郡愛知川町(現:愛荘町)にて、開業医太田守・きさの四女として誕生。
実家は九州の大名の御典医の家系。
叔父(きさの弟)は大和田悌二(逓信省次官で、退官後日本曹達社長、日本電信電話公社経営委員長)。
愛知高等女学校(現・滋賀県立愛知高等学校)卒業後、東京の実践女学校家政科に進む。
直後から口語短歌を作り、1934年(昭和9年)、口語歌集『衣裳の冬』を芸術教育社から刊行。
文学青年だった実弟太田通の勧めで内密に国文科への転科手続を進めていたが、郷里の父母に露見して叱責を受け、1年の中途で実践女学校を中退。
父母による帰郷要請を拒んで東京に残り、弟と同居しつつ前衛的な詩歌や小品文を創作。
傍ら、画塾や琴の稽古にも通った。
このころ、フランス帰りで38歳になる独身の画家と恋をしていた。

「太田静子」と関連する人物(故人)