訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ピエール・シャルル・ランファンPierre Charles L'Enfant

建築家[フランス→アメリカ]

1825年 6月14日 死去享年72歳

ピエール・シャルル・ランファン - ウィキペディアより引用
ファイル:l_enfant.gif 200px frame ピエール・シャルル・ランファン
ピエール・シャルル・ランファン(フランス語名:Pierre Charles L”Enfant、1754年8月2日 - 1825年6月14日)は、フランス生まれのアメリカの建築家、都市計画家。
現在はワシントンD.C.としても知られる、アメリカ合衆国の連邦都市建設計画のコンペに当選し基本計画案を作成した人物である。

ピエール・シャルル・ランファンは、1754年8月2日にフランスのパリで生まれた。
若くして軍に入隊したランファンは、当時少将であったラファイエットらと共に従軍技師としてイギリス領の北アメリカ13植民地を訪れ、同地で親しまれるようピーターという名を名乗った。

1779年、ジョージア州サバンナ (ジョージア州) サバンナで起こったサバンナの包囲攻撃で負傷したランファンであったが、その後は回復し残りのアメリカ独立戦争を陸軍技師大尉として、司令官ジョージ・ワシントンに仕えた。
1783年5月2日、ランファンはアメリカの自由を勝ち取った独立戦争での貢献が認められ、名誉昇進として少佐に昇格した。

↑ PAGE TOP