芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・リッターCarl Ritter

地理学者[ドイツ]

1859年 9月28日 死去享年81歳

カール・リッター - ウィキペディアより引用

カール・リッター(Carl Ritter, 1779年8月7日 - 1859年9月28日)は、ドイツの地理学者、教育家。
近代科学としての地理学の方法論の確立につとめ、地理学に触れる上で欠かせない人物である。
その業績は、同じドイツで博物学者として活躍したアレクサンダー・フォン・フンボルトと並び「近代地理学の父」と称えられている。
生涯 ドイツ・クヴェトリンブルクに当地の医者の三男として生まれた。
4歳の時父親が死去、経済的な苦境に陥ったものの、著名な教育学者であるクリスティアン・ゴットヒルフ・ザルツマンが経営するシュネッフェンタール学園(en)に学費免除で入学することができた。
既に地理学に興味を抱き、紹介されたフランクフルト・アム・マインの名家・ホールベルク家で家庭教師をしながら、1796年にハレ大学に進学した。
進学後も引き続きホルベーク家での家庭教師が続き、絶大な信頼を得る。
フランクフルトでの名家であったホルベーク家での信頼は、リッターを著名人に仕立てあげていった。
また、この頃から教育学にも興味を抱き、スイスのヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチを訪問。

「カール・リッター」と関連する人物(故人)