芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンドル・デュマ・フィスAlexandre Dumas fils

作家[フランス]

(小デュマ)

1895年 11月27日 死去享年72歳

アレクサンドル・デュマ・フィス - ウィキペディアより引用

アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils, 1824年7月27日 - 1895年11月27日)はフランスの劇作家、小説家。
父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」、またはフィス(息子)を付けて呼ばれる。
小さな世界をしっとりと描くのが作風である。
生涯 同名の父アレクサンドル・デュマと縫製工の母マリー・カテリーヌ・バベの私生児として生まれた。
1831年に認知され、できうる最高の教育を受けた。
子供と引き離された母の苦悩や、青春期に受けた周囲からの偏見は、彼のその後の作風に大きく影響している。
若い頃は父親の金で遊び呆けたものの、1844年暮れ、20歳の時に7人もの大金持ちのパトロンを持つ高級娼婦(クルチザンヌ )マリー・デュプレシと出会い、恋に落ちた。
マリーは間もなく病死するが、1848年2月、24歳の時に彼女との思い出を小説『椿姫』として書き上げて出版し、これがデュマの代表作となった。
1849年、勧めに従い1週間で戯曲版を書き上げ、翌1850年に上演されて大成功を収めた。

Alexandre Dumas fils 1824年7月27日〜1895年11月27日 フランスの劇作家で小説家。代表作に「椿姫」などがある。父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」と呼ばれたり、「フィス(fils)」を付けて呼ばれている。 (引用元 Hatena Keyword)