訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョージ・ビドル・エアリーGeorge Biddell Airy

文学者[イギリス]

1892年 1月2日 死去享年92歳

ジョージ・ビドル・エアリー - ウィキペディアより引用
サー・ジョージ・ビドル・エアリー(英: Sir George Biddell Airy、1801年7月27日 – 1892年1月2日)は、イギリスの天文学者。
グリニッジ天文台台長(王室天文官、在任:1835年 - 1881年)、王立協会会長(在任:1871年 - 1873年)を務めた。
彼が決めたグリニッジの子午線が1884年に世界の本初子午線としてワシントンDCの本初子午線会議で25カ国に同意され、現在の経度0度となっている。
人物・生涯 イングランドのノーサンバーランド州アニックで生まれる。
1819年にケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学。
1836年に王立協会のフェローに選出された。
グリニッジ天文台長時代に同天文台の設備・機構を大幅に整備し、エアリー自身も観測機械を発明・改良した。
位置天文学に貢献する一方、光の回折・干渉等光学の研究にも従事し、円形開口を通過した光の回折によって生じる光学現象エアリーディスクにその名を残している。

↑ PAGE TOP