芸能人・経営者のおくやみ情報

古田足日 氏(ふるたたるひ)

児童文学作家評論家[日本]

2014年 6月8日 死去心不全享年88歳

古田 足日(ふるた たるひ、男性、1927年11月29日 - 2014年6月8日)は、日本の児童文学作家・評論家。
本名同じ。
父は国文学者の古田拡、東京大学教授を務めた国文学者・古田東朔は兄。
来歴・人物 出生 愛媛県川之江町(現:四国中央市)にて、八人兄弟の三男として生まれる、兄弟は第二子が姉である以外、全員男。
足日の命名は父で、「出雲国造神賀詞」より。
父の教えは「思った事は堂々と言え」で、毎月大量の書籍を購入しており、子どもたちのために「日本児童文庫」「小学生全集」「世界童話大系」を全巻そろえた。
1931年には与謝野晶子夫妻が村を訪問。
家に与謝野夫妻の色紙や短冊があったという。
『赤い鳥』も購読したが、興味は薄かった。
翌年には『サクラ読本』の見本誌を読み、編者の芦田恵之助に感想をのべると、芦田は後日この感想を著書に記している、1935年、小学生時代にカレル・チャペックや吉野源三郎の作品を読み、グリム童話やアンデルセン童話と異なる内容に衝撃を受ける。

児童文学作家、評論家。1927年、愛媛県生まれ。早稲田大学中退。59年に『現代児童文学論』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。61年に『ぬすまれた町』を発表して以降は児童文学作家としても活動し、66年に『宿題ひきうけ株式会社』(理論社)で日本児童文学者協会賞を受賞した。その後も『ロボット・カミイ』(福音館書店)、『おしいれのぼうけん』(童心社)、『大きい1年生と小さな2年生』(偕成社)などの作品を発表。97年から2002年まで日本児童文学者協会会長も務めた。14年6月8日、心不全のため死去。享年86。 (2014-6-12) (引用元 コトバンク)