芸能人・経営者のおくやみ情報

斎藤緑雨(さいとうりょくう)

作家評論家[日本]

1904年 4月13日 死去肺結核享年36歳

斎藤緑雨 - ウィキペディアより引用

斎藤 緑雨(さいとう りょくう 齋藤緑雨、1868年1月24日(慶応3年12月30日) - 1904年(明治37年)4月13日)は、明治時代の小説家、評論家。
本名・賢(まさる)。
「正直正太夫」をはじめ、「江東みどり」「登仙坊」など別名も多数ある。
幸田露伴がつけたという戒名は「春暁院緑雨醒客」。
生涯 1868年1月24日(慶応3年12月30日)、伊勢国神戸(現在の三重県鈴鹿市神戸(かんべ))で津藩の医師・斎藤利光の子として生まれ、10歳で上京。
東京府中学を経て、明治法律学校(現在の明治大学)に進学するが、弟たちのために中途で学業を廃し、文筆で立つことを決意。
1884年(明治17年)より仮名垣魯文に師事し、〈江東みどり〉の筆名でいくつかの小説を書く。
その後、1889年(明治22年)から1890年(明治23年)に『小説八宗』、『初学小説心得』、『小説評注問答』などのパロディ精神にあふれた評論を書き、辛辣な批評家として自他ともに許す。

  • 題名
    斎藤緑雨 (明治の文学)
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    筑摩書房
    発売日
    2002-07-01
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,500 より
  • 題名
    斎藤緑雨
    著者
    小林広一
    発売元
    アジア文化社
    発売日
    2010-07-05
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 310 より
  • 題名
    緑雨警語 冨山房百科文庫 (41)
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    冨山房
    発売日
    1991-07-29
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 650 より
  • 題名
    油地獄
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    発売日
    2015-10-29
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    もゝはがき
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    発売日
    2012-10-05
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    斎藤緑雨
    著者
    発売元
    発売日
    2012-10-05
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    青眼白頭
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    発売日
    2012-10-03
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    斎藤緑雨全集 (巻1)
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    筑摩書房
    発売日
    1990-06
    新品価格
    ¥ 16,559 より
    中古商品
    ¥ 2,300 より
  • 題名
    斎藤緑雨全集 巻4 随筆・アフォリズム
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    筑摩書房
    発売日
    1990-12
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,580 より
  • 題名
    かくれんぼ
    著者
    斎藤緑雨
    発売元
    発売日
    2012-10-04
    新品価格
    より
    中古商品
    より

明治の文学者。 東京府中学(現・日比谷高校)卒、明治法律学校(現・明治大学)卒。 1867年に現在の三重県鈴鹿市に生まれ、9歳の時に親の転勤にともない上京。 その後は大半を現在の東京都墨田区で過ごし、1904年に同所で逝去。享年37歳。 パロディ批評で脚光を浴び文壇に登場。 創作作家として『油地獄』『かくれんぼ』なども著しつつ、幸田露伴、森鴎外とともに「三人冗語」としても活躍。 この合作批評によって大きく世に出た樋口一葉とは、彼女が亡くなってからの家族の世話を請け負うほど親交があったという。 正直正太夫をはじめ、江東みどり、登仙坊など別名多数。 露伴がつけたという戒名は「春暁院緑雨醒客」 鋭い批評眼に富み、当時の文壇仲間からは「怖いものは無名の菌と正直正太夫」と評されていたらしい。 晩年のアフォリズム(警句集)でも、その機知に富んだ批評眼がおおいに発揮されている。 押井守作「イノセンス」にて緑雨の言葉が比較的多く引用されたのが記憶に新しい。 (引用元 Hatena Keyword)