訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルFriedrich Wilhelm Bessel

文学者数学者[ドイツ]

1846年 3月17日 死去がん享年63歳

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル(Friedrich Wilhelm Bessel, 1784年7月22日 - 1846年3月17日)はドイツの数学者、天文学者。
恒星の年周視差を発見し、ベッセル関数を分類したことで知られる(関数の発見者はダニエル・ベルヌーイである)。
ヴェストファーレン地方のミンデンに生まれ、ケーニヒスベルク(現在のロシアのカリーニングラード)で癌のために没した。
同じく数学者で天文学者でもあったカール・フリードリヒ・ガウスと同時代を生きた人物である。
生涯 ベッセルは公務員の息子として生まれ、14歳で貿易関連のクーレンカンプ社に徒弟として入った。
入って間もなく彼はその会社の経理係となった。
その会社は輸送手段として貨物船に頼っていたため、彼はその数学の能力を航海上の様々な問題を解くために使うようになった。
このことからさらに、海上での経度を決める手段として使われた天文学にも興味を持つようになった。
その後、彼はハレー彗星の軌道計算を改良した仕事で、当時のドイツ天文学界の大物であったハインリヒ・ヴィルヘルム・オルバースに注目されるようになった。

↑ PAGE TOP