芸能人・経営者のおくやみ情報

クレメンス11世Clemens XI

ローマ教皇[イタリア]

1721年 3月19日 死去享年73歳

クレメンス11世 - ウィキペディアより引用

『クレメンス11世 (ローマ教皇)』より : クレメンス11世(Clemens XI, 1649年7月23日 - 1721年3月19日)はローマ教皇(在位:1700年 - 1721年)。
本名はジョバンニ・フランチェスコ・アルバーニ(Giovanni Francesco Albani)。
フランスに興ったジャンセニスムを弾劾し、中国の典礼論争においてイエズス会の文化適応政策を批判。
生涯 貴族の家系に生まれたアルバーニは聖職へ進みアレクサンデル8世に助祭枢機卿とされ、1700年9月に司祭枢機卿に就任、11月に教皇に選出された。
治世中はスペイン継承戦争が勃発しイタリアが戦火に巻き込まれる事態となり、クレメンス11世は中立を貫こうとしたが、1707年にオーストリアの将軍ヴィリッヒ・フォン・ダウンが南下してイタリア領の大半を制圧したため、1709年にオーストリアがスペイン王に推すカール大公をスペイン王として認めた(しかし、カール大公は1711年に神聖ローマ皇帝に選出されたためスペイン王位を断念している)。

クレメンスじゅういっせいClemensXI [生]1649.7.23.ウルビノ[没]1721.3.19.ローマウルビノ出身の第243代教皇(在位1700~21)。本名GiovanniFrancescoAlbani。貴族出身で古典,神学理論,教会法の高い教育を受けた。1690年に助祭枢機卿(→カーディナル)となり,1700年11月に教皇に選出された。在位中は教皇の権力の衰退期であり,クレメンス11世の外交政策は奏功しなかった。スペイン継承戦争(1701~14)の戦禍を避けようとしたが,神聖ローマ皇帝ヨーゼフ1世(在位1705~11)に教皇領のナポリを制圧され,ヨーゼフ1世の弟でのちの神聖ローマ皇帝カルル6世(在位1711~40)をスペイン王として認めるよう強要された。その結果,スペイン王フェリペ5世(在位1700~24,1724~26)との関係は断絶し,ユトレヒト条約(1713~14)をはじめとする講和条約ではナポリ王国などにおける教皇の宗主権が無視された。クレメンス11世はフランスのガリア主義とジャンセニズムの問題にも巻き込まれた。教皇勅書でジャンセニズムを弾劾したが,たび重なる反発を招いてフランスとの関係が悪化した。また,中国での布教において孔子と先祖を崇敬する儀礼を容認せず,中国式典礼を禁止した(→中国のキリスト教)。 (引用元 コトバンク)