芸能人・経営者のおくやみ情報

榊原定征(さかきばらさだゆき)

実業家、経団連会長[日本]

1943年 3月22日 死去享年歳

榊原定征 - ウィキペディアより引用

榊原 定征(さかきばら さだゆき、1943年3月22日 - )は、日本の実業家。
学位は修士(名古屋大学・1967年)。
東レ株式会社相談役最高顧問、一般社団法人日本経済団体連合会会長(第4代)。
東レ株式会社代表取締役社長・取締役会長、日本化学繊維協会会長などを歴任した。
生い立ち 神奈川県横須賀市生まれ、愛知県知多郡美浜町育ち。
美浜町立野間中学校、愛知県立半田高等学校を経て、名古屋大学に入学した。
1965年、名古屋大学工学部応用化学科を卒業した。
1967年、名古屋大学大学院工学研究科応用化学専攻の修士課程を修了した。
名古屋大学第12代総長の平野眞一は半田高から名大大学院までの同級生で、大学寮の部屋も隣同士の間柄だった。
実業界にて 1967年、東洋レーヨンに入社した。
同社入社後は主に経営企画畑を歩む。
経営企画室長、技術センター所長、副社長を経て、2002年6月に東レの社長に就任し、最高執行責任者も兼務した。
また、2004年6月からは、同社最高経営責任者も兼務した。
社長就任後は、炭素繊維等の先端材料を梃に、同社の業績拡大に取り組む。

さかきばら-さだゆき 1943-昭和後期-平成時代の経営者,財界人。昭和18年3月22日生まれ。昭和42年東洋レーヨン(現・東レ)入社。経営企画第1室長,専務取締役,副社長をへて,平成14年社長。炭素繊維などの先端材料により業績拡大をはかった。17年日本化学繊維協会会長。19年日本経済団体連合会(経団連)副会長。22年東レ会長。26年経団連会長に就任。神奈川県出身。名大卒。 (引用元 コトバンク)

「榊原定征」と関連する人物(故人)