訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョシュア・レノルズJoshua Reynolds

画家[イギリス]

1792年 2月23日 死去享年70歳

ジョシュア・レノルズ - ウィキペディアより引用
ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds, 1723年7月16日 - 1792年2月23日)は、ロココ期のイギリスの画家。
英国の肖像画家。
ロイヤル・アカデミーの初代会長。
落ち着いた気品ある画風で知られる。
生涯 1723年、イングランド南東部デヴォン州のプリンプトンに生まれる。
父親が教師であったため、父親から教育を受けた。
1740年から1743年まで肖像画家のトマス・ハドソンの元で修業した。
サミュエル・ジョンソンと親交が深く、1746年2月にロンドンのソーホー地区にある食堂でジョンソンを中心として「ザ・クラブ」を創設し、エドマンド・バーク、オリヴァー・ゴールドスミスらと毎週夜の7時に集まり夜がふけるまで議論を交わしている。
当時ジョンソンから「人は友情を常に修復し続けなければならない。
新しい友人を作らなければ、最終的には独りだ」と箴言を授けられた。
1749年にオーガスタス・ケッペルと知り合い、センチュリオン (戦列艦・2代)に乗船する。

「ジョシュア・レノルズ」と関連する人物(故人)