訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

スタニズラオ・カニッツァーロStanislao Cannizzaro

有機化学者政治家[イタリア]

1910年 5月10日 死去享年85歳

スタニズラオ・カニッツァーロ - ウィキペディアより引用
スタニズラオ・カニッツァーロ(Stanislao Cannizzaro, 1826年7月13日-1910年5月10日)は、イタリアの有機化学者、政治家。
アヴォガドロの再評価を行い、周期表確立に貢献した。
同時にイタリア統一運動に参加し、イタリア憲法の制定にも加わった。
生涯 シチリア島パレルモの生まれ。
生家は名家であり、十分な教育を受けた。
ナポリ大学とピサ大学に学び、特にピサ大学ではフランスの化学者ジャン=バティスト・デュマに付いたラファエッレ・ピリアの指導を受け、1845年に有機化学の助手となった。
その後、政治運動に参加し、ブルボン朝に対してシチリアの立憲政府を要求する革命運動、すなわち、シチリア島独立運動に加わる。
1847年のシチリア革命は失敗、運動が弾圧されるとパリに逃れた。
パリでは数多くの高級脂肪酸を発見したミッシェル・シャルブールの実験室に加わる。
1851年に帰国し、ピエモンテのアレッサンドリア工科大学の教授に就く。
1853年、アルカリ下で2分子のアルデヒドが、1つはカルボン酸に酸化され、もう1つはアルコールに還元されるという不均化反応の一種カニッツァーロ反応を発見。

↑ PAGE TOP