芸能人・経営者のおくやみ情報

池田弦 氏(いけだげん)

声楽家・カウンターテナー歌手[日本]

2016年 7月6日 死去虚血性心疾患享年49歳

池田 弦(いけだ げん)は、日本の声楽家。
日本では数少ないカウンターテナー歌手である。
東京都立武蔵野北高等学校、国立音楽大学声楽科卒業。
のちオランダの国立アムステルダム・スヴェーリンク音学院へ留学。
声楽を鈴木寛一、小松英典、常森寿子、高丈二、牧野正人、岩淵嘉瑩、ヨッヘン・コヴァルスキー、K.スミス、古楽演奏法を宇田川貞夫、合唱指揮法を郡司博、指揮法を星出豊に師事。
1992年、ヘンデル『メサイア』のアルトソロでデビューする。
同年にはまた、島田雅彦作・演出『ルナ』の銀座セゾン劇場公演に歌手として出演、さらにNHKドキュメント『太平洋戦争』の主題歌を歌う。
1993年、ドイツ・カールスルーエのヘンデル・アカデミーを優秀な成績で修了する。
同年に東京都新進音楽家デビュー・オーディションに合格し、東京文化会館での披露演奏会に出演している。
1994年、ソロリサイタルを行った後に留学する。
1995年『カルメン』のタイトルロールでオペラ・デビューを果たす。
1996年末に帰国、東京フィルハーモニー交響楽団の公演で『メサイア』を、またオンドレイ・レナールト指揮の東京都交響楽団との共演で『カルミナ・ブラーナ』を歌い、歌手として活動を始める。

「池田弦」と関連する人物(故人)