芸能人・経営者のおくやみ情報

アーサー・エヴァンズArthur John Evans

考古学者[イギリス]

1941年 7月11日 死去享年91歳

アーサー・エヴァンズ - ウィキペディアより引用
サー・アーサー・ジョン・エヴァンズ(Sir Arthur John Evans、1851年7月8日- 1941年7月11日)は、イギリスの考古学者。
ミノタウロス伝説で有名なクレタ島のクノッソス遺跡を発掘した。
父ジョン・エヴァンズも考古学者で、オクスフォード大学、ゲッティンゲン大学で学んだ。
父親の考古学研究活動を引き継ぎ、1884年から1908年の間、オクスフォード大学のアシュモレアン博物館の学芸員を勤めた。
1900年にクノッソス遺跡を発掘し、著書“Palace of Minos at Knossos”を刊行するとともに、遺跡の復元を行った。
一部にコンクリートを使うなどその復元方法には現在は批判もされるが、同時代の発掘者たちが出土物を持ち去ってしまう傾向(結果として盗掘)にあったことも考慮されねばならない。
クノッソスで「線文字A」、「線文字B」の2種類の文字が刻んである粘土板を発掘した。
エヴァンズは線文字Bは非ギリシア語を記した文字であると考えたが、後に否定された。
1901年に王立協会のフェローに選出され、1936年にコプリ・メダルを受賞した。