訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

トーマス・ラッフルズThomas Stamford Raffles

シンガポール建設者、博物学者[イギリス]

1826年 7月5日 死去享年46歳

トマス・スタンフォード・ラッフルズ(Sir Thomas Stamford Raffles、1781年7月6日 - 1826年7月5日)はイギリスの植民地建設者、シンガポールの創設者である。
父はベンジャミン・ラッフルズ、母はアン・リデ。
二番目の妻ソフィアとの間に5人の子供を授かった。
14歳の時からロンドンの東インド会社で職員として働き始め、1805年当時プリンス・オブ・ウェールズ島と呼ばれていたマレー半島のペナン島に赴任し、マレー語を習得する。
1811年、ナポレオン戦争当時フランスの勢力下にあったジャワ島へ英領インドから派遣された遠征軍に参加し、ジャワ副知事(lieutenant-governor)に任命され、統治に当る。
このとき、ジャワ島の密林に眠るボロブドゥール遺跡を発見する。
1815年にジャワ島がオランダに返還され、イングランドに帰国。
この間、1817年に『ジャワの歴史』を著し、同年ナイトの称号を授与された。
『ジャワの歴史』以降、「トマス」という名の使用をやめ、ミドル・ネームである「スタンフォード」を好むようになる。

↑ PAGE TOP