芸能人・経営者のおくやみ情報

エリ・ヴィーゼル 氏Elie Wiesel

作家[ルーマニア→アメリカ]

2016年 7月2日 死去享年89歳

エリ・ヴィーゼル - ウィキペディアより引用

エリ・ヴィーゼル(ヘブライ語: אליעזר "אלי" ויזֶל‎‎, イディッシュ語: אלי וויזעל‎‎, Elie Wiesel, 1928年9月30日 - )は、ルーマニア出身のアメリカのユダヤ人作家。
自らのホロコースト体験を自伝的に記し、1986年にノーベル平和賞を受賞した。
現在、ボストン大学教授。
ハンガリー名ヴィーゼル・エリエーゼル(Wiesel Eliézer)としてシゲト(現在のシゲトゥ・マルマツィエイ)に生まれる。
生家は食料品店を営む、ハンガリー系の正統派ユダヤ教徒の家庭だった。
ヴィーゼルは幼時よりヘブライ語やトーラーやカバラを学んだ。
シゲトは1940年にナチス・ドイツの占領を受け、この町のユダヤ人は1944年に強制収容所へ送られた。
ヴィーゼルはアウシュヴィッツで囚人番号A-7713の刺青を左腕に彫られる。
母と妹はガス室送りとなり、行動を共にすることができた父も辛い環境に耐えられず終戦を迎える前に命を落とした。
戦後、フランスの孤児院に送られてフランス語を学ぶ。
ヴィーゼルは生き残った姉2人とここで再会することができた。

米の小説家。1929年生まれ、ルーマニア・シゲト出身。第2次世界大戦でのユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)で生き残った作家として知られている。1944年、15歳の時に家族と共にシゲトからアウシュビッツ強制収容所に送られ、母と妹はガス室で死亡した。ヴィーゼルと父はその後ブーヘンヴァルト強制収容所に送られ、父はそこで死亡した。19歳からフランス・ソルボンヌ大学で学び、ジャーナリストとして活動。1955年には強制収容所での経験を記した自伝的小説『夜』を出版し、「死者を忘れることは、2度殺すことだ」とホロコーストの記憶の継承を訴えた。1963年、アメリカの市民権を取得し、1986年にはノーベル平和賞を受賞した。2016年7月2日、イスラエルのホロコースト博物館「ヤド・ヴァシェム」やノーベル財団により死去が発表された。 (2016-7-5) (引用元 コトバンク)