訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ノースロップ 氏John Howard Northrop

化学者[アメリカ]

1987年 5月27日 死去享年97歳

ジョン・ノースロップ - ウィキペディアより引用
ジョン・ハワード・ノースロップ(John Howard Northrop, 1891年7月5日 - 1987年5月27日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ヨンカーズ出身の生化学者。
1946年のノーベル化学賞受賞者として知られる。
ニューヨーク州のヨンカーズで生まれた。
父親はコロンビア大学の動物学の教授、ジョン・イザイア・ノースロップ、母親はハンター・カレッジの植物学の教授、アリス・リッチ・ノースロップである。
1915年、コロンビア大学で博士号を取得。
第一次世界大戦では米陸軍の化学戦部隊でアセトンとエタノールを発酵によって製造する研究を行っていた。
この研究がきっかけで酵素について学ぶこととなった。
1919年には胃の消化酵素ペプシンの単離、結晶化に成功し、それがタンパク質であると同定した。
さらに1938年にはバクテリオファージの結晶化に世界で初めて成功。
それが核酸とタンパク質の混合物であることを示した。
彼の業績としてはトリプシン、ペプシノーゲン、キモトリプシン及びカルボキシペプチダーゼの結晶及び単離が挙げられる。