芸能人・経営者のおくやみ情報

瀬川昌治 氏(せがわまさはる)

映画監督脚本家[日本]

2016年 6月20日 死去老衰享年92歳

瀬川 昌治(せがわ まさはる、1925年10月26日 - )は、日本の映画監督、脚本家、舞台演出家。
喜劇映画の名手とされ、1960年代に数多くの喜劇シリーズを監督した。
来歴・人物 東京市神田区神保町(現在の東京都千代田区神田神保町)の官吏の家に生まれる。
学習院初等科、中等科に学び、一学年上の三島由紀夫などと交流する。
学習院高等科 (旧制)在学中に陸軍船舶兵として応召。
終戦後、東京帝国大学(現・東京大学)文学部英文科に入学するが、在学中は野球部のレギュラー外野手として活躍し、東京六大学野球リーグ戦にも出場した(東京大学野球部出身の映画監督としては、他に井坂聡や秋原正俊らがいる)。
卒業後は映画プロデューサーを目指し、当時ハリウッドのプロデューサー・システムを取り入れていた新東宝の製作部に入社するが、次第に演出に興味を持つようになり、1950年には同社の助監督部に異動して、阿部豊、松林宗恵、中川信夫などに師事した。

映画監督。脚本家。 1925年、生まれ。2016年6月20日、死去。 東京都出身。 ジャズ評論家・瀬川昌久の弟。 映画、テレビドラマ共にフランキー堺とのタッグが多かった。 喜劇からメロドラマまで幅広く手がけた。 (引用元 Hatena Keyword)