芸能人・経営者のおくやみ情報

坪内逍遥(つぼうちしょうよう)

作家[日本]

1935年 2月28日 死去享年77歳

坪内逍遥 - ウィキペディアより引用
坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。
小説家としては主に明治時代に活躍した。
代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳があり、近代日本文学の成立や演劇改良運動に大きな影響を与えた。
本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。
別号に「朧ろ月夜に敷くものぞなき」の古歌にちなんだ春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。
俳句も詠んだ。
生涯 尾張藩領だった美濃国加茂郡太田宿(現・岐阜県美濃加茂市)の生まれ。
父は尾張藩士で太田代官所の手代をつとめていたが、明治維新とともに一家で実家のある名古屋の笹島村へ戻った。
父から漢学書類を読まされた他に、母の影響を受け、11歳頃から貸本屋に通い読本・草双紙などの江戸戯作や俳諧、和歌に親しみ、ことに滝沢馬琴に心酔した。
愛知外国語学校(現・愛知県立旭丘高等学校)から1876年(明治9年)、東京開成学校入学、東京大学予備門(のちの第一高等学校)を経て、東京大学文学部政治科を1883年(明治16年)に卒業し文学士となる。