芸能人・経営者のおくやみ情報

ジュリアン・ハクスリー 氏Julian Sorell Huxley

進化生物学者[イギリス]

1975年 2月14日 死去享年89歳

ジュリアン・ハクスリー - ウィキペディアより引用

サー・ジュリアン・ソレル・ハクスリー(Sir Julian Sorell Huxley、1887年6月22日 - 1975年2月14日)は、イギリスの進化生物学者、ヒューマニスト、国際間協力の推進者。
自然選択説を強力に擁護し20世紀中盤の 総合進化説の形成を主導した。
1935年から1942年までロンドン動物学会の事務局長、1946年から1948年までユネスコの初代事務局長を勤めた。
世界自然保護基金の創設メンバーでもある。
ハクスリーは書籍や記事、ラジオ、テレビで科学啓蒙活動を続けたことでよく知られていた。
1953年にユネスコから科学普及の功績に対してカリンガ賞を贈られた。
1956年にはロンドン王立協会からダーウィンメダルを受賞した。
ダーウィンとウォレスが自然選択説を発表してからちょうど100年後の1958年にはロンドン・リンネ学会からダーウィン=ウォレス・メダルが贈られ、同年ナイトに叙された。
1959年に人口問題に関する家族計画分野でラスカー財団から特別賞を受賞した。
生涯 ジュリアン・ハクスリーはイギリスの著名なハクスリー一族の出身で、彼の弟には作家のオルダス・ハクスリー、異母弟にはノーベル賞受賞者のアンドリュー・ハクスリーがいる。

Julian Sorell Huxley イギリスの生物学者。 1887年6月22日、生まれ。1975年2月14日、死去。 1946年から1948年まで国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の事務局長を務めた。 (引用元 Hatena Keyword)