芸能人・経営者のおくやみ情報

向田邦子 氏

作家エッセイスト脚本家[日本]

1981年 8月22日 死去墜落享年53歳

向田 邦子(むこうだ くにこ、1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。
第83回直木賞受賞。
週刊誌のトップ屋時代は幸田 邦子名義で執筆していた。
共同ペンネーム「葉村彰子」の一員でもある。
東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)生まれ。
第一徴兵保険(東邦生命保険。
現、ジブラルタ生命保険)勤務の父親が高等小学校を卒業したあと給仕として入社し、幹部社員となった苦労人で転勤族であったため一歳で宇都宮に転居したのを初めとして、幼少時から高等女学校時代まで日本全国を転々としながら育つ。
文芸春秋社を創設した菊池寛を輩出した四国の香川県の高松市立四番丁小学校卒業、東京都立目黒高等女学校、実践女子専門学校(現・実践女子大学)国文科卒業。
新卒で財政文化社に入社し、社長秘書として勤める。
その後雄鶏社に転職し、「映画ストーリー」編集部に配属され、映画雑誌編集者として過ごす。
雄鶏社を退社した後は脚本家、エッセイスト、小説家として活躍する。

むこうだ・くにこ(1929-1981) 脚本家、小説家、随筆家。放送作家、シナリオライター。作家集団「葉村彰子」の一員でもある。 1929年(昭和4年)11月28日、東京府荏原郡世田谷町(現・世田谷区)生まれ。東京出身。保険会社に勤める父の転勤により日本各地を転々とする。特に10歳から2年余り一家で移り住んだ鹿児島をのちに当時の生活を振り返って「第二の故郷」と呼んだほど深く愛した。実践女子専門学校(現・実践女子大)国語科卒。1981年(昭和56年)8月22日、旅行先の台湾での航空機事故*1で急逝。享年51歳。 略歴は実践女子大学向田邦子文庫>向田邦子略歴http://www.jissen.ac.jp/library/mukoda/mukoda.htmをご覧ください。 映画雑誌の編集者を経てラジオ、テレビの台本・脚本を数多く書き、昭和30年代終わりから50年代にかけてテレビドラマの高視聴率作家の座を維持。ラジオエッセイで「森繁の重役読本」、「向田ドラマ」の代表作として、「七人の孫」(昭和39年)、「だいこんの花」(昭和45年)、「寺内貫太郎一家」(昭和49年)、「阿修羅のごとく」(昭和54年)、「あ・うん」(昭和55年)、「隣りの女」(昭和56年)など。 1975年(昭和50年)、46歳のときに乳癌で手術を受ける。それをきっかけに随筆やエッセイをかき始め、故・山本夏彦は週刊文春の彼女の連載を読んで「向田邦子は突然あらわれてほとんど名人である」と絶賛した(山本夏彦『恋に似たもの』所収、向田邦子『父の詫び状』の沢木耕太郎による解説にもその言葉が紹介されている)。その後小説の執筆も始めて直木賞を受賞、さらなる活躍を期待されたその矢先での急逝だった。 …… (引用元 Hatena Keyword)