芸能人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・ボリス・チェーン 氏Ernst Boris Chain

化学者[ドイツ→イギリス]

1979年 8月12日 死去享年74歳

エルンスト・ボリス・チェーン - ウィキペディアより引用

エルンスト・ボリス・チェーン(Ernst Boris Chain、1906年6月19日 - 1979年8月12日)はドイツ生まれのイギリスの生化学者。
ペニシリンに関する研究で、1945年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。
チェーンはロシアからの留学生の父とドイツ人の母との間に、ベルリンで生まれた。
1930年にベルリン大学で化学の学位を取った。
しかしナチスが政権を握ると、ユダヤ人の血を引く彼はドイツでは安全に暮らせないと考え、1933年にイングランドに移住した。
彼はケンブリッジ大学のフレデリック・ホプキンズの元でリン脂質の研究を始めた。
1935年にはオックスフォード大学の病理学の講師となった。
この頃彼は、ヘビ毒、ガン細胞の代謝、リゾチームなど生化学分野の様々なテーマに取り組んだ。
1939年から、彼はハワード・フローリーとともに微生物の産生する天然の抗生物質の研究を始めた。
この過程で、彼らは9年前にペニシリンを発見していたアレクサンダー・フレミングの研究を再発見した。