訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

シリル・ヒンシュルウッド 氏Cyril Norman Hinshelwood

物理化学者[イギリス]

1967年 10月9日 死去享年71歳

シリル・ヒンシュルウッド - ウィキペディアより引用
サー・シリル・ノーマン・ヒンシュルウッド(Sir Cyril Norman Hinshelwood, 1897年6月19日 - 1967年10月9日)は、イギリス・ロンドン出身の物理化学者。
1956年のノーベル化学賞受賞者。
生涯 公認会計士の家に生まれ、幼年期をカナダで過ごす。
父の死に伴い1905年にイギリスに帰国、チェルシーの小さなフラットに住む。
ウェストミンスター市立学校に通った後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに進学、卒業。
第一次世界大戦中は火薬工場で働き、1921年に母校のトリニティ・カレッジで講師となった。
1937年以降は同大学教授で1965年まで続けた。
また、政府の科学諮問評議会の職も務める。
1929年王立協会のフェローとなり、1955年からは同協会の協会長を5年間務める。
1948年ナイト爵、1960年メリット勲位に叙される。
主に分子の振る舞いについて研究した化学者として知られ、1926年には化学の学生向けに化学反応の速度論のための熱力学の教科書を執筆している。

↑ PAGE TOP