訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・クルックスWilliam Crookes

化学者物理学者[イギリス]

1919年 4月4日 死去享年88歳

ウィリアム・クルックス - ウィキペディアより引用
サー・ウィリアム・クルックス(Sir William Crookes, 1832年6月17日 - 1919年4月4日(満86歳没))は、イギリスの化学者、物理学者である。
タリウムの発見、陰極線の研究に業績を残している。
1832年にロンドンで生まれた。
1848年に王立化学大学(Royal College of Chemistry)に入学し、ドイツから来たアウグスト・ホフマンの下で有機化学を学んだ。
グスタフ・キルヒホフの分光学研究に刺激を受け、自らも分光学に転じた。
1861年には、分光分析により、硫酸工場の残留物からタリウムを発見した。
1875年ころから、陰極線(放電現象)に興味を持ち、従来より真空度の高い放電管を作って、研究を行った。
クルックス管を発明し、この中に羽根車をおいて、陰極線をあてて回転させた実験は有名である。
この実験により、陰極線は帯電した微粒子からなることを明らかにした。
この微粒子は、その後電子と名づけられ、ジョゼフ・ジョン・トムソン、ロバート・ミリカンらによって、その性質が明らかにされていった。

「ウィリアム・クルックス」と関連する人物(故人)