芸能人・経営者のおくやみ情報

カール12世Karl XII

スウェーデン国王[スウェーデン]

1718年 12月11日 死去戦死享年37歳

カール12世 - ウィキペディアより引用
『カール12世 (スウェーデン王)』より : カール12世(スウェーデン語: Karl XII, 1682年6月17日(グレゴリオ暦6月27日) - 1718年11月30日(グレゴリオ暦12月11日))は、プファルツ王朝のスウェーデン国王(在位:1697年 - 1718年)。
バルト帝国に君臨し、「北方のアレクサンドロス」の異名をとった。
ロシアのツァーリ・ピョートル1世の好敵手として知られる。
生涯 出生から即位 1682年6月17日にスウェーデン王カール11世とデンマーク・ノルウェー王フレデリク3世の娘ウルリカ・エレオノーラの子として生まれた。
国王夫妻には4人の男子がいたがカールのみが成長した。
他にホルシュタイン=ゴットルプ家のフレデリク4世に嫁いだ姉ヘドヴィグ・ソフィアと、ヘッセン=カッセル方伯世子フリードリヒと結婚、後にスウェーデン王位を継承した妹ウルリカ・エレオノーラがいる。
幼少期のカールはもっぱら母ウルリカ・エレオノーラから教育を受け、その人格形成に大きな影響を与えた。
4歳になると優秀な教師陣がつけられて帝王学を教え込まれ、肉体鍛錬も欠かさず4歳前に乗馬を覚えている。